おもちゃをコレクションする楽しさと悩み

おもちゃをコレクションするとは何か

おもちゃは子供用として販売される事も多いのですが近年ではクオリティーが高くなってもきており、それによって大人がコレクションすると言う一種のビジネスが成り立っていて一つの分野として確立してきてもいます。そうした物の代表はアニメのキャラクターであったり特撮や映画と言った物もありますが、マイナーとも呼べる範囲にまで及んでいるので多様化していると共によりコレクション性が高い物を敢えて扱うケースも多くなっているのです。

高値が付く事もあるおもちゃ

おもちゃ等をコレクションする理由は多くの人がそうしたキャラクターや商品に愛着を持つからでもありますが、稀に需要と供給のバランスが崩れて一つのおもちゃに対して相場を上回る高値が付く事もあります。近年ではネットによるオークションがこうした現象に更に拍車をかけてきてもおり、昔集めていた人が放出すると言う形で出品すると争奪戦さえ起こって高額で取引される事も珍しくないのです。現在ではそれがやや歪となっていて転売を目的におもちゃを買う人も増えていて、これによってある意味で混沌とした状況を生み出してもいます。

入手の困難さとメーカー側の悩み

転売屋の増加はおもちゃの存在を子供用から単なるビジネスの道具として扱うケースも多く、本来欲しい人の手に渡らずに入手が困難になると言う結果も生み出してもいます。これに対してメーカーは敢えて大量に作ったり回数を分ける等して対策を講じてはいる物の、時にはこれが仇となって市場に余ると言う状況もできてしまうので悩みどころともなっているのです。それ故か一部の商品に関しては予約制を採用して本当に欲しい人を募る形も取っており、これはメーカーと買う側のリスクも減らしていてある意味では解決策ともなっています。

洋服と同様、おもちゃも子どもの年齢と共に重要が異なります。遊ばなくなったおもちゃ、買ってきたけれど見向きもしなかったおもちゃは次の世代へ託すおもちゃの買取で有効活用が大切です。